ほんわか丸(あんバターどらやき)を食べてみた口コミ

お菓子

京都、然花抄院(ぜんかしょういん)さんのどら焼き、ほんわか丸(あんバター)を頂きました。

2009年8月に京都にオープンした然花抄院さん。

店名には「花のある心でお客様をおもてなす場、お菓子本来の味を楽しんで欲しい」という思いが込められているそうですよ。

ほんわか丸(あんバター)を食べてみて、とっても美味しかったので、レビューしますね。

スポンサーリンク

ほんわか丸(あんバター)を食べてみた

側面に然花抄院とアルファベットで書かれた白い箱に入っています。

薄橙色のパッケージに朱色で和風の絵が描かれています。

焼皮は綺麗な焼き色、なめらかでつやつやしています。手に持った感触はしっとりしていました。

ふわふわの焼皮の中に、北海道十勝産小豆を使ったあんこがぎっしり。その中央にバターが入っています。

食べてみると焼皮はふわふわで柔らかく、あんこは甘さ控えめですが、バターの塩味であんこの甘みが引き立ちます。

とっても可愛い「ほんわか丸」というネーミング、食べてみると納得でした。

焼皮もあんこもバターも主張してこないのに、それぞれ良さを「ほんわか」と感じます。

今までバター入りのどら焼きを他のお店の物で何度か食べたことはありますが、正直私はいつも苦手だな…と思っていました。

バターの油が重い…と感じてしまい「バターを入れないで欲しいかも」って毎回思っていました。

でもこの「ほんわか丸(あんバター)」は違いました!

バターは主張しすぎず、でもバターが入ってる事はちゃんと分かる、本当に絶妙な量です。

大きさは8cm位で大きすぎず小さすぎず、食べた後の満足感があります。

とっても美味しかったです!!

ほんわか丸(あんバター)の原材料

【原材料名】

砂糖(国内製造) 鶏卵 小麦粉 バター 小豆 還元水飴 水飴 みりん 蜂蜜 乾燥卵黄 食塩 グルコースシロップ 寒天 / 膨張剤

 

ほんわか丸(あんバター)の値段

個数 値段
5個入り 1,101円(税込)

ほんわか丸(あんバター)のみの商品は5個入りだけです。

他の商品との詰め合わせで、ほんわか丸(あんバター)を購入する事が可能です。詳しくはこちら→然花抄院・ほんわか丸

ほんわか丸(あんバター)のカロリー

ほんわか丸(あんバター)のカロリーは1個当たり194kcalです。

 

まとめ

然花抄院さんのどら焼き(あんバター)は、焼皮はしっとりなめらか、あんこはぎっしり詰まっているのに甘すぎず、バターの塩味があんこの甘さを引き立ててくれる、とっても美味しいどら焼きです。

あんバター入りのどら焼きがお好きな方はもちろん、苦手な方でも美味しいと感じられるどら焼きだと思います。ぜひ食べてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました